僕を突き動かす未来〜Vision編〜

PROFILE

こんにちはふかやんです!

突然ですけどみなさん夢ってありますか?

日々何を思って生きていますか?

幸せになりたいな。お金増やしたいな。お仕事頑張りたいな。彼女(彼氏)できないかな。なんか面白いこと起こらないかな。

人それぞれその時々色々あると思いますが、人生の大きな目標(夢)ってありますか?

ある!って人は日々その目標に向かって少しでも前進していますか?

かの有名なスティーブ・ジョブズ氏の言葉にこんなものがあります。

毎朝、鏡の自分と向き合うときに「明日死ぬとしたら今日やろうとしていることは本当にやりたいことか?」と問いかける。「NO」が続くようなら行動を変えたほうがいい。

僕はこの言葉に衝撃を受けて、短期的にも長期的にもやりたいことをやってこう!と思うようになりました。

この記事ではそんな、自分が思い描くビジョンに至った経緯と今思い描いているビジョンについて書いていければと思います。

学生の時100のやりたいことを書き出した結果…

学生時代前半に遡りますと、実は僕にはそんなにやりたいことがありませんでした。100のやりたいことリストを誰かに勧められて書いてみた結果、60くらいしか出てきませんでした。笑

それに書いてることも結構しょうもなくて、「グライダーやる」とか「バンジーする」とか。今大学を卒業してから思えば、数万でできるし月1単位で消化したら10年でなんやかんや叶えられちゃうのではないかというレベル。

貧乏学生生活を送りすぎて、多くを望まないことが当たり前になってしまっていました。

多くを望まない。これは確かに悪いことではないと思うんですけど、「欲」って大切なパワーです。悪い意味で捉えられがちだけど、人間の内側からのエネルギーって「欲」があるからこそ生まれるものなんですよね。

僕はこれを仮面ライダーオーズから学びました。←

自分には大学卒業した先にやりたいことや目標がなくて、夢がある人や理想がある人をとても羨ましく思っていました。

ただ、100のリストを作ってわかったことも他にあって

・逆にやってもいいかなってことは無限にあって選べない
・物欲より確実に体験欲のが強い
・海外絡みが多い
ってことでした。

今が楽しければそれでいい!……?

 

そして、目標のない自分は今を全力で楽しむ選択を取りました。

目標とか夢とかって無理矢理作るものでもないし、無いのなら要らないし、夢に出会えるかもしれない機会を増やした方がいい!という考えに至りました。

100のリストからもわかったようにやってみたいなーってことは無限にあったのでそれにはできる範囲で飛び込みました。(貧乏学生まっしぐら)

そして、手を出してみると向上欲はついてくるタチなので、そのときそのときで没頭してきました。

今に繋がる過去について<受験〜大学>
Hola! ふかやんです。今回は、やりたいことがなんなのかわからなかった僕が、なんかいろんなことやってたらやりたいことが見つかっていった!って話です( ^ω^ )今回もターニングポイントを抜粋して書いていきます!大学受験時代浪人...

今を楽しむ力、これってどんな思い出もいい思い出にできる最強の力だと僕は思っています。

「なんか今日の飲み会つまらなかった〜」

って言う人とか結構いるじゃないですか?僕はそれすごい勿体無いなって思うんです。

環境やそのときのメンツのせいにしてしまって、結果的に無駄な時間を生み出してしまいます。

自分が「この時間を楽しもう!」と思うと見え方とか取る行動も変わる気がします。事実、僕はそうでした。

今が楽しければそれでいい!ちょっと現実から目を背けた選択かもしれませんでしたが、学生時代は今を楽しむベースができてよかったと思っています。

10億あったらどうしたい?

そして大学3年終了時、結局今を楽しんだ結果本気で仕事にしたいことには出会えませんでした。

就活とかどうしていいかわからず、将来に悶々として半ば逃げるように休学。

その時、受験生時代の友達と久々に飲みに行きました。彼は現役で大学に行っているので大手の就職が決まって卒業しようというタイミングでした。彼とは受験当時から感覚や好きな女性のタイプが一緒だったのでいろいろ話が合います。笑

そして将来についての悩みを相談すると彼からこんなお話が返ってきました。

友人
友人

「今手元に10億円あったとして、ちょっと頑張ったらなんでも叶えられるってなったら何したいよ?」

この問いに対して僕なりに全力で考えました。そして出た答えが

「ハリウッドスターになりたい」

でした。

ダンスをやってきて何者かになって演じることやそんな作品を考えたり作ったりすることが大好きになっていました。そしてこの時なぜか小3の時に書いた“将来の夢集”「アクションスター」って書いていたのを思い出しました。笑

友人の問いは「お金とか無謀さとか抜きにしてやりたいこと」が実は奥底に眠っている自分が本当にやりたいことなんじゃない?ってことです。

井の中の蛙

 

そして友人の言葉を機に俳優オーディションを受けました。

休学しているので選択肢は山程あって、バイトしながら俳優学校行くとか世界一周するとか長期インターンしてみるとか。元々強い目的があっての休学ではなかったので、それも一つだと思って足を一歩踏み入れてみました。

しかし、当たり前っちゃ当たり前ですが、そのフィールドに行けばその仕事を目指している人はたくさん居て、自分なんかより若い頃から頑張ってる人が居て、その道のりの険しさにある意味絶望しました。

こんな中途半端な覚悟で名俳優になんてなれる訳がない。そう思いつつも僕はそのための覚悟をここで決めることはできませんでした。

世界を、社会を、何も知らな過ぎる自分。今見えてる選択肢からだけで簡単に覚悟を決められる程、僕という人間は都合良くできていませんでした。

見える世界を広げなくては!休学の目的はもはやそれに尽きるのかなという感じでした。

LIFE SHIFTの衝撃

そうして僕は世界一周を目論みつつ、長期インターンを始めました。そこはめっちゃスタートアップでインプットしながらアウトプット!みたいなまさにベンチャーのスピード感。

その時にリンダ・グラットンさん著の「LIFE SHIFT」を読みました。人生100年時代という言葉を世に知らしめた名著です。

この本は僕にかつてない衝撃を与えてくれました。リンダ・グラットンさんの本を他にも読み漁り、その考え方にただただ脳天を揺さぶられました。

この本に書かれていることをざっくりまとめると

・ライフステージはこれから3ステージから4~5と増えていく。
・余暇の時間が圧倒的に増えて、遊ぶことが仕事のようになっていく
というものです。

3ステージって要するに学校教育→働きマン→引退後の余生という今までの多くの人のライフステージのことで、これが4~5と増えるというのは教育→働きマン(20~30代)→辞めて旅(40)→自営業(40後半〜)→プロゲーマー(65)→エンジニア(70)とかいうのが当たり前になるということです。ちょっと大袈裟に書きましたけど十分にあり得ます。

人生の職業ってドラクエみたいに一つに絞らなくちゃいけない。って完全に思っていた自分にとってこれは驚愕と共に希望の光となりました。

人生をかけて目指す職業でもし大成できなかったら人生負け組ってどこかで思っていた僕は、チャレンジとか失敗をとにかく恐れていました。

しかしこの本やそれに近しい考え方をしている本たちや人たちに出会ったことで、いい意味でチャレンジや失敗への重圧が軽くなり、いろいろな「道」を歩いて良いんだと思えるようなりました。

場所と時間に縛られない生き方をする

いろいろな道を目指せる。じゃあ自分はまず何に向かう?

そうこうして僕は一つのビジョンにたどり着きました。それが「場所と時間に縛られない生き方をする」です。

いわゆるノマド的な働き方を実現して、世界中どこにいても自由に生きていける状態を作りたいと思いました。

僕はこれを軸に就活をして、けちょんけちょんにされながらもブレずに戦って、その未来を応援してくれる社長とメンバーが集まる会社に行けることが決まりました。

このビジョンは働き方というよりも生き方なのですが、この生き方を実現しようと思ったらそれに必要なスキルや知識はなんなのか、それを学びながら働ける環境はどんなところなのか自ずとわかってきます。

これはビジョンなので本当に自己中心的な考えの頂点です。僕が世の中に感じてきた不満を排除して、こうだったらすごい毎日楽しそう!とかワクワクする!っていう気持ちによって具現化されたものです。

社会のこんなダメポイントを良くしたい!とか、もっと世の中を良くしたいって気持ちはこの時まだあまりありませんでした。

僕を突き動かす未来〜Mission編〜

「無理かもしれない」を払拭して考えた理想の状態

「10億円あったら何したい?」に近いんですが、会社に入ってから学んだのはこの理想の状態を掲げることの大切さでした。

理想の状態を掲げると確かに達成できないのが怖くてビビります。不安になります。時には絶望します。

しかし、マジでそれを達成しようと考え出すと、得ようとする情報とかそれを達成するための戦略が変わってくるんですよね。

スペインへ行く事を覚悟した時まさにこれを感じました。

無理かもしれないを払拭した場合の僕の理想は二つ

1.場所と時間に縛られない生き方・働き方をする。
2.ハリウッドスターになる

もしこれを両方とも叶えにいくとしたら結構矛盾点が生じます。俳優の仕事は収録期間や稽古期間に世界中飛び回ってたらできませんからね笑

しかしこれを両方目指せるというのがLIFESHIFT的な考え方。僕は現状これを1→2の順番で試みようと思っています!

なんなら本当に両方実現するためには!って考えると、スペインでアジアタレントとして活動してみるとか、ロケ地に住むようにするとか、突拍子もないけどできないこと無いしむしろオリジナル感も出てイノベーティブになれますよね。

逆算して明確にして後はこの瞬間をやり切る

今を全力で楽しむこと理想に向かって計画的に進むことって結構天秤にかけられること多いと思うんですけど、それは両立できると僕は思います。

今を楽しむだけだと迷子になります。将来のために頑張るだけだと束縛されます。

敷かれたレールが嫌で脱線したら電車はどこへ行くかわかりません。しかし自分の意志で敷いたレールへとしっかり分岐すれば後は目の前の運転に集中すればいいんです。

分岐がまた増えても良いし、元のレールに戻っても良いし、急行でも鈍行でもレールを作って進み続けることが大事です。

僕の敷いたレールはこんな感じ

場所や時間に囚われない生き方・働き方をする/表現者として心を揺さぶる(ハリウッドスター)

そのためにはそれを実現できる力を身につけなくちゃいけない

海外で稼げる力をつける(ノマド、スペイン移住)

自分が武器にできることはなんだろう?(映像、ダンスetc…)

ベースとして必要なのはWEBの知識とスキル(発信力・情報収集力・編集力)

今はこの軸に沿って走っていて、スペイン移住の段階まで来たって感じです。

それまでのステップをクリアできたかと言ったらそうでは無いです。しかし、この完成を待ってたら時間かかり過ぎます。というより完成なんて来ません。吸収しながら吐き出していくスタイルでやることが大切だと僕は思っています。

理想を目指さないと人生後悔確率100%じゃないですか?

まとめです!

無謀にも思える夢とかってきっと誰にでもあるかと思います。

けれど現実味を帯びてなさすぎたり、自分には無理だと思って、もうそういう思いを心の奥底に封印してしまった人もいるのでは無いでしょうか?

でも叶えられる叶えられないは別として目指さなきゃ人生後悔する確率100%じゃないですか?

生まれ変わったらこんなことしたいなって死ぬ直前に思っても遅いです。

理想が大きいとか小さいとか関係なく、本気で目指してみましょう!

そしてそれを誰かと熱く語り合えたら人生捨てたもんじゃないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました