【コスパで比較】スペイン・バレンシアの移動手段をできる限りあげてみた

SPAIN

スペインに滞在することになったけど移動費は出来るだけ抑えたいな…。でもせっかくだしいろんなところにも行きたい…。そもそも乗り物にちゃんと乗れるか不安だし目的地にたどり着けるかもわからない…

こんにちは!6月に雨も降らないバレンシアで絶賛引きこもり中のふかやん(@nrmshr)です!

 

 

今回は海外へ行くと必ずぶつかるであろう移動手段について説明します。

 

プチ旅行の時も短期滞在でも長期滞在でも最初にあたふたするのが移動手段ですよね。

 

「とりあえずタクシー!」は便利だけど、どこか負けた感というか、せっかくなら現地の人が使ってるように公共交通機関を使いたい…。

 

長期滞在ならなおさら!行きたい場所にどれだけ安くいけるかも旅の醍醐味だったりします!

 

そこで、3ヶ月以上バレンシアに住むぼくがあらゆる乗り物を比較してみたのでぜひ参考にしてみてください。

 

※なおこの記事では長距離移動(都市と都市の移動)は含まないのでご了承くださいm(__)m

スポンサーリンク

バレンシアでの移動手段

早速ですが比較表を作ってみました。ドン!

 

乗り物 費用 移動の柔軟性 移動距離 はやさ "現地の人"感
タクシー 約6ユーロ〜 3★★★ 3★★★ 2★★☆ 0☆☆☆
地下鉄 1~2ユーロ 2★★☆ 3★★★ 3★★★ 2★★☆
バス 1~2ユーロ 2★★☆ 2★★☆ 2★★☆ 2★★☆
路面電車 1~2ユーロ 1★☆☆ 2★★☆ 3★★★ 2★★☆
自転車(購入) 500~ユーロ 3★★★ 2★★☆ 2★★☆ 3★★★
シェアサイクル 年間30ユーロor1週間13ユーロ 3★★★ 2★★☆ 1★☆☆ 3★★★
キックスクーター 250~500ユーロ 3★★★ 2★★☆ 1★☆☆ 3★★★
徒歩 タダ 3★★★ 1★☆☆ 0☆☆☆ 1★☆☆

 

こんな感じでしょうか!

 

順を追って解説していきます!

 

タクシー

どんな国に行ってもやはりここぞとばかりにお世話になるのがタクシーですね!

 

東南アジアでは日本に比べて格段に安かったりするので重宝する人も多いかと思いますが、スペインでの相場は日本とさほど変わりません。

 

僕は3回程お世話になりましたが、それぞれ6ユーロ, 8ユーロ, 9ユーロくらいだったと思います。

 

約750~1100円くらい。まさに首都圏の初乗り〜くらいの値段ですね!

 

・値段は日本と変わらない(750~1100円くらい)
・東南アジアと違い価格交渉はいらない(できない)
・その分ちゃんとメーターで支払ってくれる
すみません、ウーバーに関しては使ったこともなく使った人にも出会えていないため、細かいお話ができません。
しかし、街もコンパクトで移動手段は整っているのでわざわざ割高なウーバーを使う人は少ない印象です。

地下鉄(メトロ)

公式から引用

バレンシアには現在9本の地下鉄が走っています。街の主要な部分にはこれでほぼいけます!

 

また、この後に紹介するバスと路面電車と共通のカード(Suicaみたいな)も手に入れてすぐに使えるので便利です。

 

そして日本と違うのは同じ値段でほとんどの場所に行けてしまうことです!(空港まではちょっとお高め。それでも5ユーロくらい)

 

カードがあれば1ユーロ、なくても2ユーロ程で区間内はどこでも行けます。(画像のA区間内)

・1~2ユーロでほとんどの場所を移動できる
・それぞれの路線に名前がなく番号だけだからわかりやすい
・Google mapにも「m」っていう赤い表記で出てくるので駅があることがわかりやすい

バス

 

バレンシアはたくさんバスが走っているので、目的地にピンポイントで楽にたどり着きたい方にはおすすめです。

 

反対に、めちゃくちゃありすぎておそらく来たばかりは乗る気が失せるほど絶望すると思います。

公式から引用

 

赤い線で張り巡らされているのがバスです。笑

 

乗る気失せますよね?笑

 

僕もある程度バレンシアの地理感覚がわかってから使うようにしました。

 

地図を見ても全くわからないことがほとんどなのでGoogle mapを使いましょう!

 

Google mapで「現在地」から「目的地」を選んでバスのボタンを押すとどのバス停から何番に乗ればいいのかが表示されます!

 

バスは5~10分おきくらいにきているので時間はあまり気にせずむかうことができると思います。

・バスはめちゃ走ってるので便利だが複雑
・バスもメトロ同様、乗車時にカードをピッすればずっと同じ値段
・乗りたいバスが来た際は手を挙げる。(じゃないと居てもスルーされる)
・タイミングや番号によっては車内が混んでいたり、道が混んでいるので考慮しておく

路面電車

一応メトロの部類に入るようですが、路面電車も走っています。

 

車と同じ高さで柵もないため、ちょっとだけ特別な感覚を味わえます!

 

しかし、走っているルートがかなり限られるのであまり多様するものじゃないかもしれません。

 

ルールはメトロと同じで駅にある機械でカードかざして、あとは乗るだけです。

自転車

言わずもがなですが、自転車は小回りの効く乗り物として最強です。笑

 

バレンシアにはほとんど坂もなく、たくさん公園があるので、気持ちよくサイクリングや移動を楽しむことができます。

 

また、スペインには自転車専用道路がいたるところにあるので、車も歩行者もいちいち注意せずに走ることができます。

 

現地の人もたくさん乗っています。ただ、いわゆるママチャリみたいなものはほとんど乗っていなくて、折り畳み自転車などの車輪がちいさいものや、ロードバイク、マウンテンバイクの人が多いです。

・自転車専用道路があるのでラクラク進める!
・無料で駐輪できるスポットがたくさんある。
・街がコンパクトなのでどこに行くにもこれ一台。

シェアサイクル

自転車なんてわざわざ買えないよ〜〜って人にはシェアサイクルが便利です。

 

ぼくはまさしくコレを使用して毎日移動しています。

 

スペインの都市には、基本的に都市ごとにシェアサイクルが存在していて、

 

定期契約をすると好きなところから乗って好きなところで停めることができます!

 

日本にはまだあまり馴染みのない方法ですが、かなり多くのひとがコレを使っています。(以前、学校に行くのに乗ろうしたら駐輪場に一台もないときがありました笑)

 

形もママチャリ風で乗りやすく3段階ギアもあるので、普通に便利です。

 

こちらは登録方法、と乗るときの注意点などを別記事にしているので合わせて読んでみてください!

 

キックスクーター(電動)

バレンシアの街を歩いているとびっくりします。

 

皆してこの電動キックスクータに乗っています。見かけない日はないです。笑

 

スーツを着てこれに乗っている人もいますし、しかもかなりのスピードで颯爽と僕の自転車を置き去りにしていきます。

 

電車などに持ち運びもできて充電式で漕ぐ力もいらないのでめちゃ便利!

 

みんな乗ってるから変な注目を集めることもないですし、少し予算に余裕があるなら買ってみるのもいかもしれません!

 

帰国時に安く譲ったり、売ったりすれば以外と大きな出費ではないかも?笑

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

日本に比べると、電車やメトロがたくさん走っていない印象ですが、それをカバーするだけの乗り物の種類とそれを可能にする街の作られ方がありますので、心配することは無いかもしれませんね。

 

公共交通機関だけでなく、シェアサイクルやキックスクーターなど、日本ではあまり経験できないような移動手段を駆使してみるのも海外生活の醍醐味かもしれません!

 

失敗を恐れずチャレンジしていきましょう!

 

それではまた!

 

SPAIN
スポンサーリンク
-いいなと思ったらぜひシェアしてください!-
-Please Follow Me-
Leo Village

コメント

タイトルとURLをコピーしました